未来で輝かしい活躍を果たす|数多の医療資格から合うものを選ぼう

筆記用具

3年制と4年制がある

整体

理学療法士は患者のサポートをする仕事です。事故や病気の後遺症などでお箸を持つことができなかったり歩くことができなかったりする患者に、できるようになってもらうことが理学療法士の役目になります。患者ができなかったことができるようになることは理学療法士にとってやりがいに繋がりますので、誰かのサポートをしたい人は理学療法士になってはどうでしょうか。また、できるようになって患者の家族から感謝をされることもやりがいにつながるはずです。理学療法士になると病院やクリニックなどで働くことになります。また、リハビリテーションや介護施設などで働くことも可能です。これらが一般的な就職先になりますが、スポーツチームで働く人もいますので、好きなチームで働くという夢として理学療法士になるのもありです。
理学療法士は国家資格で様々なことを専門学校などで学ぶことになります。座学だけでなく実際に病院などで実習をすることで座学を応用することができるのです。理学療法士の平均的な年収が25万円前後になりますが、地域や就職先で異なってきます。資格を取るには専門学校などで3年は勉強することが必要です。そこで解剖学やリハビリテーション学などを学び、受験資格を得られます。国家試験に受かると資格が取れますが、合格率は85%程度なので専門学校へ通えばほとんどの人が理学療法士になれます。専門学校には3年と4年の学校があるので、早く資格を取って働きたいのであれば3年制の学校を選ぶといいです。